根元が大事^_^

根元が大事^_^

こんばんわ^_^

 

Air G moトシです。

 

明日は以前勤めてた舞ちゃんの結婚式に

 

出席しますので、お店はお休みです^_^

 

さて。

 

昔からずっと言い続けてる

 

根元の理論。

 

そろそろまとまってきつつあるので少しづつ公開していこうと思います。

 

先日、常連さんが来られました。

 

かれこれ10年以上担当させて頂いてる方です。

 

最近左側が跳ねるのよねぇー!!

 

 

って

見事に跳ねてます。

以前は髪の毛もしっかりとしてて毛根もしっかりしてる方です。

 

だんだん毛も細くなり

 

毛根も倒れて来てるんです。

めくってみると一目瞭然

 

こめかみの辺りの毛が頭皮に沿って倒れてます。

 

 

 

こうなることで髪の毛は骨格を沿って

 

落ち込みます。

 

毛がねじれ、毛先が跳ねるという結末です。

 

寝癖も同じ。

 

枕や布団で根元が潰れることで

 

毛先が跳ねてしまうんですね。。。

 

しかもドライヤーを楽だからと言う理由で

 

前から(顔側)から当てることでさらに毛先は跳ねやすくなります。

 

根元理論を活用すると、、、、

 

まずヘアリセッターをします。

 

そうすることで根元の細かい交差が解け

 

髪が動きやすくなります。

 

そこでポインティングという技術で

 

根元を支える短い毛を的確に狙って作ってあげます。

 

支える毛を作ることで根元が潰れにくくなります。

 

そこから一度濡らして

 

乾かします。

 

 

ドライヤーはエクササイズを兼ねて、後ろから前に風が当たるように!!

 

そして根元を軽く擦りながら乾かすだけです。

すると。

 

リセッターのみでカットはまだしてません。

たったそれだけで毛先が内に入ります。

 

根元を見てみましょう。

根元付近に張り付きが無くなり少し浮いてます。

 

ほんの少しです。

 

たったこれだけで毛先の跳ねは治ります。

 

骨格が丸い、しかも出っ張ってるところから

凹んでる所に向かう毛が頭皮に張り付いてると一本の毛をイメージすると分かりやすいのですが

 

軽いねじれが起こります。

 

それが跳ねる原因です。

 

骨格と、重力が変に重なることで

 

根元を潰すと毛先は跳ねます。

 

どこに支えの毛を作るのか?

 

どうやって簡単に綺麗に乾かすのか?

 

艶を出すためにはどうやって面を作るのか?

 

根元を制する者はデザインを制する!!

 

と僕は常々思っております。

 

あくまでもお客様が家に帰ってからも簡単に可愛くなる方法の一つです。

 

後は僕の思うカットとは!!

 

今までは、濡れた状態で櫛でとき、軽く引っ張りながら線と線を繋いでいくカット技法が主流でした。

 

線と線を繋ぐ。。。。

 

僕が思うのは

 

点と点を繋ぐ方がしっくりきます。

色んなデザインの幅が広がるしお客様がやりやすい。

 

乾いて落ちる位置を見極めながら

 

点を作っていくカット技法です。

 

毛先が軽すぎても力が無くなり

 

跳ねたりパサついたりします。

 

毛先は重くしかも点を作る。

 

その点と点が髪の毛が動いた時に

躍動感となり、毛束ごとに綺麗に動くんです。

 

スカスカは良くない。

 

でも重重でもやりにくいしスタイリングに手間がかかりすぎる。

 

お客様が簡単に家でも美容室から帰ったような仕上がりになるように

 

圧倒的に考えて必要な事を

 

オーダーメイドでチョイスして行くんです。

 

それが僕のカット理論。

 

チャームポイントはさらに可愛く見えるよう

 

嫌な所はカバー出来るようなデザインをこれからも提供して行きたいと思っています。

 

だから僕の思う根元理論を、沢山の方に知ってもらいたいと

 

そろそろ公開していこうと思っています。

 

分かってたんだけど、そこまでとは!

 

と思ってもらえるように、お客様にも

 

美容師さんにも。分かりやすいように書いていきたいと思います!!