実は僕、、、

実は僕、、、

こんばんわ(*´◒`*)

Air G moトシです。

 

 

ワールドカップ日本戦の前に書いてます。

勝ってくれれば面白いのになぁー♪

 

 

 

さて本題。

 

 

 

実は僕。

 

 

カラーアレルギーです。

(説得力ないけど本当のことです)

カラーするとかぶれます。

 

頭皮から汁が出ます。

 

瘡蓋ができ、痒くなります。

 

だからこそ、、、僕がやれる事がある!

 

それは

 

ブリーチをする事で痛みを知る!

 

ではなく、スタッフの腕を上げてるのです。

 

地肌に付けなければさほどしみることもありません。

 

ギリギリから塗るテクニックをスタッフに教育してるんです。

 

身をもって。

 

Air G moのカラーは白髪染めであっても

 

頭皮に薬剤をべたべた付けることはありません。

 

0.1〜0.2ミリほど開けて塗ります。

 

 

巷ではゼロテクとか、パピヨンとか言うみたいです。

 

薬剤は髪の毛の中に浸透します。

それで、根元の方にも浸透する事で

 

根元からしっかりと染める事が可能になります。

 

だからAir G moのお客様にはしみたと言う声を聞いた事がありません。

 

むしろ初めてしみなかった、や、冬は冷たくないって言われます。

 

薬の特徴を知っていれば、美容師の、腕次第でお客様に不快な思いもしなくて済むという事です。

 

美容師自身は手袋して自分の手を守ってるのにお客様の頭皮にはベタベタ薬を付けてると言う、、、なんとも不思議な光景です。

 

 

今回僕はブリーチを5回しました(*´◒`*)

 

僕はカラーも大好きで、髪の毛をまっ白にする事が1番難しいと思ってます。

 

だから自分の髪の毛を真っ白にする事で

 

薬剤の調合や、補色(カラーによる反対色)

 

を絶妙にコントロールする事でグラム単位でのカラーの調節が可能になると思います。

 

今良い色にしたいのか?

 

1週間後に綺麗な色にしたいのか?

 

をコントロール出来るわけです。

 

絶妙にギリギリに塗ってもらってます。

 

 

頭皮近くは体温もあるので薄めに中間はたっぷりと。毛先はダメージ進むので薄めにって感じですね。

 

5回抜いて、補色の紫をうすーく入れると

 

このような白になります。

 

いろんなカラーを楽しむために

 

好きだから、考える。

 

しかも圧倒的に。

 

まだまだ進化して行きたい。

 

色を楽しめると

 

こんな色も簡単ではないですが

 

最小限のダメージで

 

 

 

楽しめるって最高ですよね。

今回はお客様の希望で、紫と青と(寒色系)

に、蛍光の緑(僕のキャベツ頭にした時の色)

 

をアクセントに入れました。

ストレートにするとラインで楽しめて

 

巻いたりウェーブにすると全ての色が混ざってさらに良い色になります。

 

 

特殊なカラーもやってますよ(^^)

 

僕にしかできない、配色、色のチョイスを楽しんで頂けたら幸いです。

 

このお客様も、ずっと来てくれてて、前回予約が取れずによそのお店に行ったら

 

ブリーチがこんなに痛いものだとは知らなかったって。

 

色も自分が思ってたようにならなかったって言って

 

Air G moに再来店して下さいました。

 

本当に有難い事です。

 

カラーって本当はかなり危険なものだと僕は思ってます。

 

白髪染めを肌にベタベタ付けることで白髪も増え、細げになり、薄毛になります。

 

そこを知ってると知ってないとでは大違い。

 

皆さん。

 

 

カラーは楽しいものです。

 

だからこそ!出来る限りの安心安全を考えましょうー♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です