髪質とデザインの融合

髪質とデザインの融合

こんばんわ(^^)Air G moトシです

 

今日はちょっと時間があったので

 

スタッフで髪質改善メニューの検証しました。

 

見た目だけで言うと

 

縮毛矯正やトリートメントで髪質って綺麗に見えるんです。

 

見えるんです。

 

見えるんです。

 

見えてるだけなんです。

 

 

実はこれ簡単に言うと髪の毛内部は傷んでます。

 

しかも縮毛矯正に関しては

 

やり方次第でかなり傷みます。

 

何度もやると毛先がボロボロに、、

 

チリチリに、、、ぢりぢりになってるかたもいるほど、、、

 

トリートメントも、美容室でやるシステム的なベッタリくっつけてやる物

 

繰り返すたびにボロボロに、、、

 

今では沢山の美容師さんが研究に検証を重ねてとても良いものも出て来ているのも現状ですが

 

実に原価が高い。。。。。

 

お客様に施術するとなると何万円もかかってしまうものも。

 

今まで、Air G moでは、髪の毛を以上にダメージさせる皮膜系トリートメントはほぼやらないスタンスで来てました。

どうしてもそれでもヤバイ人以外はしてません。

 

 

 

それはヘアリセッターって言う薬を使わずしてサラサラに出来るツールがあるから。

 

しかし、お客様のレベルがどんどん上がってきて、そのリセッターで、できたサラサラ感にも慣れてきて

 

当たり前になってきたので

 

さらに上を目指す為に

 

皮膜系じゃない

 

高価な髪質改善メニューをやる事に決めました。

 

ちょっとお高いので

 

実験、検証を半年ぐらいかけてやってきて(すでにかなりの材料費、、、)

 

やっとで目指すものが、仕上がってきた様に思います。

 

その検証結果がこちら。

2人のスタッフです。

たえさん。(僕の実の妹です)

 

髪質改善1度やってますので今回2回目です。

上の写真は毛先が少し戻ってきてた様に思われます。

 

 

 

ダメージがゼロと言うわけではありませんが今までのものと比べると格段とダメージが減ってます。

最初はかなりバサバサだった毛先も2回の施術で

 

ウルツヤに。

そしてもう1人はなっちゃん。

 

いつもは綺麗なんだけどこの時期特有のパヤパヤした毛が

所々にあります。

加齢によるパヤパヤ毛(彼女は若いですが)

にも対応出来そうです。

サービスショットの、どアップ(怒られるな)

 

 

それが1度目の髪質改善でここまで。

 

 

もともとダメージが少なかったこともあり

 

一度でこのぐらい綺麗になりました。

 

 

共に上がビフォーで下がアフターです。

 

必ず一回でここまでなるとは言えませんが

 

回数を重ねることでより綺麗に

 

より艶やかになっていくことでしょう。

 

もちろん日頃のお手入れがかなり大事だと言うことは分かってもらいたいです。

 

それでも今まで悩んでた方や

 

縮毛矯正はしたく無いって方にオススメです。

 

3社の、材料でお客様にあったものを

ブレンドしてチョイスしていきますのでお値段も6000〜20000の範囲で考えてます。

これは見た目や、悩みに応じて改善方法を変えて行くので値段の幅がかなりあります。

それぞれのかかる施術時間もかなり違います

 

デザインと、髪質の融合をAir G moは目指していますので

 

クセが強いので矯正で真っ直ぐにしか出来ないとか、

髪質を優先したからデザインがワンパターンで髪型で楽しめないとか、

 

デザインを優先したいからダメージは無視

ダメージが嫌だからデザインはワンパターン

 

 

ってのをどうにか無くしたい。

 

癖は活かしてもいいし、伸ばしてデザインしてもいいし

家に帰って1番楽で可愛いのを目指してます。

 

お客様がワクワク出来ることを僕たちは実現できる為にバランスを取り続けたいと思います。

 

僕の思う、髪質とデザインの融合とは

癖毛の方でもこんなデザインが楽しめる

今までになかった柔らかい真っすぐを作り

 

デザインに置き換えるという事。

 

癖毛でも矯正してもデザインに置き換えて

 

ショートヘアーも楽しめる

必要なとこに必要なだけ。

このお二人同一人物です。

 

しかも僕と同じ歳。

 

こんな美魔女を沢山作って行きたい。

 

それが僕のワクワクです。

 

悩んでる北九州のあなた!!

 

まだまだチャンスはあります。

 

諦めずにAir G moの扉を開けてください。

 

 

まずは予約してね(^^)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です