新人のハルキへの教え

新人のハルキへの教え

こんばんわ^^

 

明日は朝から栃木まで出張です(^^)

 

早く寝ないと、、、新幹線長く乗ってると酔うんです。

酔い止め飲んで行こう。

 

と思ってるAir G moトシです(^^)

 

さて、新人のハルキ。

 

2週間立ちっぱなしの仕事をして

 

足がパンパンって言ってました(^^)

 

最初はみんな慣れるまで大変ですよね。

 

何事も(^^)

 

全くの、社会人、素人ですから、0から教えてます。

僕が今伝えてる事は3つです。

 

1つ。

まずは自分のファンづくりのため挨拶は必要不可欠です(^^)

元気よくにこやかに。

 

これはAir G moに通ってきてくれてる方はみんな優しい方たちばかりなので

 

まだ慣れてないハルキを暖かく見守ってくれてますし、これからシャンプーなどから入らせてもらうための第一歩。

 

おー、感じがいいねとか、可愛いねとか

好印象を持ってもらう事で応援してもらえます。

 

長いお客様が多いので、応援してもらえれれば、あらーシャンプーできる様になったの?

 

じゃあ私もしてもらおうかしらって言って頂けるのです。

 

挨拶が伝わってないときは、そういう風な目で見てもらえません。

 

教える側も初心に帰り0の目線から教えてあげないといけないという事です。

 

すると、教える方もいかに自分が現場に慣れてしまってる事に気づくのです。

 

そして2つ目は洗い物。

 

いかに効率よく綺麗に洗い、

ハケやクシがいかに洗い残しがないかをチェックしてもらってます。

 

これは技術者、アシスタントや、スタイリストになると細かいところに身を向けないと行けませんし、お客様の痒いところに無言で手が届く様になる為です。

 

シャンプーしてる時お客様が痒いなーと思った瞬間そこに手がいくアシスタントになって欲しいし、

カラーの時そこの白髪早く液つけて欲しいなって思った時にさっとそこをぬれる技術者。

この辺の重みが気になるなぁーと思ってる瞬間にそこにハサミがさっと入るスタイリスト

 

お客様が口にする前に無言で手が行く美容師になって欲しいし、そういう人の方が必ず支持されます。

 

少なからず僕だったらその人の所に通いつめます。

 

そして3つ目は

 

誰にでもできる事は自分が変りますといって仕事を見つけるという事です。

 

先輩はその分自分にしか出来ないことが出来るし、何よりもお客様に有効な時間を作る事が出来ます。

 

それぞれが自分ができる事が底上げされ先輩達も限られた時間を有効活用できます。

 

自分が先輩になった時に後輩からもそういう風に接してもらえることとなるでしょう。

 

全ては自分のお店を持つ時に

 

あーあの時言われた事だとか、

それが無意識にできる様になってる事が目的です。

 

その為、先輩達はその時のフォローに回らなければなりません。

 

緊張している新人に、明るく元気に挨拶ができる雰囲気を作ったり、言葉かけをしてお客様が聴きやすい雰囲気にするのも必要です。

 

出来てないときは教えてあげて出来てたときは褒めてあげる。

 

そうする事で本人はこれでいいとか、これじゃダメなんだとか学びます。

 

少しづつの積み重ねが彼を育てていくのです。

 

 

先輩スタッフ達ももう一度再確認しながら

私はこう思ってたけどこうだからこうなんだとか、新しく再確認出来るとさらにパワーアップして行きますね。

 

プラスの相乗効果でみんなレベルアップ!!

 

 

 

ちょっと息抜きで

先日、なっちゃんに指導を受けながら

マッサージを少しだけお遊びで教えました。

 

モデルは僕。

 

 

 

これは、、、、、

 

 

これは、完全に、、、

 

 

 

痛いやつです。

 

 

 

逆パワハラです、、、

 

 

ニヤニヤしてオーナーをいたぶる新人の証拠写真をゲットしました。

 

なんだかんだで和気藹々と、しっかり右腕になってもらえる様育って欲しいと思っています。

 

全てのスタッフに愛を込めて(^^)

 

共に頑張ろう!!!

 

 

そしてよろしく♥️



1 thought on “新人のハルキへの教え”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です